~ゆるふ らいふ~

緩んで許して心のひきこもりから解放されていくわたしの記録

そのまま そのまま

" そのまま。 そのまま。 " はぁ…。 そのままねぇ…。 言いたいことはわかるけど、そのままじゃヤバいことだって多いでしょう。 " そのまま。 そのまま。 " 落ち着けってこと? 別に取り乱しているわけじゃないし、むしろ自分でもイヤなほど冷静だよ。 周りが…

とことんまで出し切る

久しぶりにお風呂に入った。 ここ数日、 動悸と頻脈が素敵なリズムを奏でていたので静かにしていたのだ。 皿洗いで息切れを催している時に血圧計で脈を測ると108あった。 血圧の上も108。 どうやら煩悩を浄化中だったようで、今は大丈夫。 頑張ってくれた身…

"本当" の体験

わたしは動画を観るのが好きだ。 ついつい何かをしながら観たり、 ついつい観続けてしまって数時間が経ってしまうこともしばしばある。 知らない情報に触れることは何とも刺激的で楽しい。 行ったことのない海外の映像を観て行ったような気分になれたり、 美…

それでいい

別に何かをしなきゃいけないわけじゃないのに、 その何かがわからなくてどうしようもなく落ち着かない。 ここにいる幸せをただ享受すればいいだけなのに。 ただ居るだけでいいのに。 ここで何をしているんだろうという得体の知れない気持ちになる。 ただ生き…

春のおすそわけ

今日は、ここ最近で1番の冷え込みだったものの清々しいほどに晴れた。 わたしのここ最近は身体の気怠さが続く日々だったが、今日は幾分マシ。 そんなタイミングだったので、久しぶりに布団を干すことにした。 静電気に怯えつつも布団を抱え、 部屋とベランダ…

怖い人を利用する

イライラしている父に言いたいことを言った。 めっちゃ怖かった。 心臓がバクバクして、顔の血の気が引くのがよくわかった。 それでも『自分の思い』を最後まで言い切った。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー わたしにとって、父はずっと『…

新しい体験

愛猫が1階に敷かれた父の布団で寝ている。 愛猫の彼は9年ほど猫をやっているが、 わたし以外の布団で寝たことはない。 なぜなら、 彼のご飯やトイレは2階のわたしの部屋にしかないため、 必然的に寝る時はわたしと寝ることになるのだ。 だが、今は父の布…

あらゆる自分を受け入れる

自分の状態を1度、受け入れる。認める。 ネガティブな感情に永遠と翻弄されないためのポイントはここだと思う。 『今、落ち着いてないな。』 『今、イラッとしてるな。』 『今、絶望を感じているな。』 その瞬間の自分を観察できたらしめたもの。 なぜなら…

落ち着かないなりの味

落ち着かない時に描いた線。 落ち着かないなりの味。 落ち着いていたら生まれなかった形。 どんな思いで過ごしていても、 全ては自己表現。 アァ、落ち着かない。落ち着かない。

明日のわたしに任せよう

「明日のわたしに任せよう。」 眠れない夜に布団の中で呟くと、 見えないシャッターを下ろして "今日" に区切りがつく感じがする。 まだ起こっていないこと、 どうなるかわからないこと、 全てを明日の自分に託す。 できるはずだと期待を込めて目を瞑るので…

"違う" って "自分" がちゃんと居ること

海の人が言う。 「それは考えすぎ。気にしすぎだよ。」 山の人が言う。 「うーん。わかってるんだけどねぇ。」 海の人が言う。 「今まで生きていて、そんなに深く考えたことないや。」 山の人が言う。 「そっかぁ。別にいつものことなんだけどね。」 海の人…

いいんだよ

今日は1日中、愛猫と一緒に寝ていた。 夜1時に寝て、朝8時に目は覚めたけれど身体がダル過ぎて2度寝。 昼2時頃に起きて食事を摂るもそのまま起きていられず、 コンタクトレンズをつけたまま3度寝。 夜9時過ぎに起きて夕飯を食べた。 5年前なら、こん…

全ての前提は "在る" しかない

自分らしく【在る】状態からズレると、 たちまち全てがバランスを取りはじめる。 それは瞬時に、得も言われぬ速さで完璧に動き出す。 その動きは多種多様で、 涙、怒り、虚無感、寂しさ、生きていることへの疑問などを肌身で感じる。 最初は何が起こっている…

内側の自由

正解を見つけようとするから苦しい。 正解も間違いもなにもない。 そうなると今度は、 なにもないことが苦しい。 その苦しさにも正解や間違いがない。 なにもない。 全て自由。 その自由が苦しいと思うのも自由。 内側の自由があるだけ。 それだけ。 選んだ…

決める自由

先日の記事で何とも芸術的な自転車の絵を披露したところだが、 昨晩から今日にかけてさらに深く考えるきっかけがあり、 これは、改めて全ての事柄について等しく同じだなと気づいた。 『自分が当たり前にもっている価値観を1度しっかり認識(俯瞰)し、 その…

ブレーキの緩め方

昨日、寝る前にフと思いついたことが、 1日中あたまの中でグルグルしてるのでさっさと放出!ヽ٩(●˙▿˙●)۶/ ネガティブと共に生きてきたわたしみたいなタイプの人たちは、 1回気分が落ちちゃうとなかなか元に戻らない人が多いと思うわけ。 悲しさを引きずっ…

愛には問題がない

『愛は光のことではない。』 言葉を少し変えると、愛は光だけではない。 愛は "人間が思う光と闇" を全てそのまま受け止めている。 良い悪いのジャッジがない。 問題そのものがない。 全ての調和とバランスがとれている。 正直いって愛の感覚を言葉・文字に…

人間くささ万歳

最近、イラッとした時に "イラッ" を噛みしめているわたしがいる。 『あ、今イラッとしてる。怒ってる。うん、イライラしてるねェ~。』 わたしがイラッとする場合は大抵、 自分の無価値感が刺激された時や頭が思う信念が達成されない悲しみからだ。 『あな…

全ては繋がる

わたしにとっては、1年で1番多く人と会う正月が終わった。 1年前よりさらに気を抜いて過ごせた気がする。 ひきこもり初期の頃は、この年末年始が本当にしんどくてたまらなかった。 部屋にこもって誰とも会わないのだけれど、 その誰とも会えない自分が情けな…

2020

新年おめでとうございます。 2016年から自分の変化を記録しはじめて4年程経ちました。 4年の間、やっていることはほぼ同じで、 気づきがあった時や心が震える度に立ち止まり、 湧き出る感情を眺め→認め→進むの繰り返しです。 アウトプットがてらココに記録…

最期の自信

一昨日は餅つき、 昨日は動画編集ソフトの吟味・購入、 今日は祖母の鼻血が止まらなくて病院へ行ったりパソコンを解体したりしていた。 年末っぽいものもあれば、年末なんて関係ないことが当たり前に起こる。 そんな今朝、ふと観たテレビで少し泣いた。 亡く…

そこが1番大事

昨日と今日、 玄関掃除を嗜んでみたところ思ったよりキレイになって大満足。 日頃、小まめに掃除しないおかげで泥汚れやクモの巣が大繁盛でね。 タワシ、歯ブラシ、アルカリ洗剤(重曹とか)、タオル等を使って夢中で磨いた。 外の水道から引っ張っているシ…

ただ鳴ってるだけ

『おっと、忘れてた。 開いてるとあの子たちも寒かろう。』 母が買ってきた植物たちのビニールハウス。 鉢が数個しか入らない小さなものだが今年の秋から導入された。 外灯をつけ、寒さで硬くなったサンダルを履いてハウスへ急行。 案の定、3分の1ほどチャ…

変化を感じることは "生きていること" を感じることかもしれない

柚3兄弟 冬至。 家中が柚の香りで満たされる。 柚子湯に浸かり、どの柚の香りが1番強いか嗅ぎ比べてみるも、 そんな器用な鼻でもなく全てから柚のいい香り。 『今年も元気で柚子湯に入ることができたなァ』 なんて思うのは歳のせいか知らないが、 香りもそ…

不安があることをOKして動く

久しぶりに親戚のおばちゃんとしっかりと話ができた。 おばちゃんの声が1階から聞こえる。 『あ。おばちゃん来たね。 さっきもらった苺大福が美味しかったなぁ。御礼を言いに行こう。』 2階の部屋にいたわたしがそう思うや否や、ネガティブが不安を煽る。 …

代々伝わる無価値感

無価値感が金を投げさせ、 金を投げつけられたという無価値感が悲しさを纏った怒りに変わる。 こんな無価値感の連鎖、ここで止めなきゃダメだわ。ほんと。 祖母が美容室で髪を切りたいというので送迎をした。 近所の美容室までは車で1分もかからない。 最近…

完璧の愛し方

『同じ瞬間には戻れないんだよなァ』 と、画像データの整理をしながら思う。 皆にも少なからずあるんじゃないかな。 『有り得ないのはわかっているけど、 あの時と同じ気持ちにもう1度なれたなら…』 みたいな瞬間。 大抵、いい瞬間ばかりを切り取って錯覚し…

酔っぱらいの話

ひきこもり期間を含め、1度たりとも母に頼んだ覚えはないが、 なぜかチューハイを月2回程とお菓子がほぼ毎日用意されている。 酒はともかく、いい歳の大人が毎日お菓子なんてさー、ほんと、 毎日めっちゃ食べてます。ありがとうお母様。笑 (*ノωノ)甘いの大…

愛を教えるげっこ仮面

4日に愛猫が体調を崩したが、少しずつ元気になってきた。 げっこ(うちでは猫の嘔吐のことをこう呼ぶ。たまに応用→げっこ仮面。)は、 猫たるもの当たり前だけれど、今回はいつもより回復が遅くて、 『必要以上に気にしないように…』という思いとは裏腹に、…

今日を体験する

『今日は、昨日の続きなんかじゃない。 今日という1日を自分へプレゼントしよう。』 昨日、寝る前に頭の中でぽわぽわ浮かんだ言葉。 頭痛薬のせいで少しハイだったからかもしれないけど、 こういう気持ちになる時って本当に本当に生きてることが幸せだと思…