ひきこもり369

カウンセリングや薬を使わず、心のひきこもりから脱していくわたしの記録

至福の一服

『公民館でコーヒー飲みたい』

 

え?あそこで?

まぁ別に行けないことはないし、それはそれで楽しそうだけれど…。

 

そんな心の声からはじまった今日のお昼過ぎ。

 

今すぐ行かなくてもそのうち行けたらいいかなぁ…。

と少し放っておいたら、1時間後にふとスイッチが入った。

 

やっぱり行こう!

ここから車で10分もかからない場所で、

わたしはコーヒーが飲みたいだけなんだよね?それだけで幸せなんだよね?

うはぁ…。叶えてやるよそのぐらい!自分を喜ばしたるっ!

 

そんなわけで、コーヒーを飲みに公民館へ。

 

別に喫茶店とかがあるわけじゃないんです。

自販機です。

別に雰囲気のある場所とかでもないんです。

役所が管理する年季の入った施設です。

 

でも、行きたい。飲みたい。

だから動く。

 

その公民館に入るのも数年ぶり。

 

『至福の一服』

今にピッタリのコーヒーを110円でワクワクしながら買い、

誰もいない待合の椅子に座る。

 

できた。やった。幸せ。美味しい。あったかい。

 

公民館のホールにはたくさんの人たちが居るようで、人が出たり入ったり。

それでもわたしは気にせずコーヒーを飲んで、ただ幸せを感じていました。

 

いつか、わたしもホールで何かやりたいなぁ。

人の役に立つかは知らないけれど、わたしを見てホッとしてほしいなぁ。

そんな思いが前からあったからか、コーヒーだけ飲んでいても楽しい。

 

30分ほどコーヒータイムを満喫したあと、

このまま家に帰るかどうか自分に聞くと『まだ帰りたくない』とのこと。

 

せっかくなので行きたかった図書館へ行き、帰りにお饅頭も買った。

全部、全部、自分の声に従いながら、今の自分を抱きしめながら動いた。

 

ずっと外側に散らかっていた意識が、ずっと自分に向いていた。

 

わたしの現実に出てくる人たちがキャストさんに見えた。

 

図書館へ向かう途中、

1台前で慎重に交差点のカーブを曲がる教習車がいた。

 

思わず、

「大丈夫!大丈夫!ゆっくり。ゆっくりでいいんだよ。大丈夫だからね!」

とか応援していたのだけれど、

 

あれは、

わたし自身に言ってたんだ。

と、後から気づいた。笑

 

動こうとするとたくさんのこわさも出てくるけれど、気づいて手放す。

今まで積み重ねてきた知識を知恵に変えていく勇気。

無理矢理じゃなく、やりたいことをやりたいタイミングで。

丁寧に心の声をすくい上げる大切さ。

 

自分をご機嫌にしてあげられた最高の日。よかった。

f:id:funfunhappiness:20190213231125j:plain