ひきこもり369

カウンセリングや薬を使わず、心のひきこもりから脱していくわたしの記録

幸せを創る

少し前にやりたかった『できた』事から、

思わぬプレゼントの図書カードをもらった♪ ラッキー♪

 

読んでみたい本もあったので昨日の夕方、本屋へGO!

1冊のつもりが2冊になった。笑

 

本屋からの帰り、

『左?右?』

と自宅へ帰るルートを自分に尋ねてみる。

 

いつもは左だけれど、その時は右だった。

 

するとコンビニの前を通った瞬間、

『あー!あそこの珈琲飲みたい!』

と思ったので、すぐさま車をコンビニの駐車場へ置いた。

 

飲みたかった珈琲は、

コンビニのカフェ的なコーナーに置いてある珈琲だ。

 

そういう系の珈琲は仕事をしていた頃からあったけれど、

やり方がわからなくて、

失敗するのが怖くて、

え?知らないの?とか思われるのがすこぶるイヤで…

 

ずっと買えなかった!ww

 

ウケるぅー(*´д`*)♡ 笑

 

というわけで、

たかが珈琲を買うだけなのに変な覚悟を決めて店に入るわたし。

 

おじちゃんがレジに1人。

ラッキーなことにレジまわりに人がいないぞ。よーし!

 

「すみません。

 そこの(珈琲を指さしながら)アイスコーヒーが飲みたいんですけど、

 初めてでわからなくて。教えてもらえませんか?」

 

「あ、はい~。

 (と言いながらレジからすぐ出てきてくれるわたしのヒーロー)

 サイズはSですか?Mですか?」

 

「あ、Mで。」

 

とか何とかやりとりしながら、

レジで支払いの後も説明しながら教えてくれて、

「アイスでMなので~ ここのボタンを押してください。」

と、ボタンも押させてくれた!♡

 

子供ってさ、なにか決めてやる時って自分がやりたがるじゃない?

『わたしが押すー!!』とか、

『わたしにやらせてー!!』みたいな。

 

まさにそんな状態で、

自分でボタンが押せて、なんか めっちゃ嬉しかったんだよね。笑

 

「ここにミルクとか砂糖とかもありますのでお好きにどうぞ~。」

 

と、

次のお客さんの対応へ戻る前に伝えてレジへ戻るわたしのヒーロー。

 

その場で感謝を伝えて、

珈琲ができあがってお店を出る時も、

「ありがとうございました~!ヾ(o´▽`o)ノ」

と全力で御礼を伝えて嬉しさを伝えた。

 

車のなかに入って、その珈琲を飲んだらまためちゃんこ美味しくて!!

「できたできたできたできたできたー!♡」

って言いながら喜びまくった。笑

 

珈琲は180円だったんだけれどさ、

500円ぐらいの珈琲を飲んだようだった。

 

価値って変えられるんだなー。

自分だけの幸せってこうやって作れるんだなー。と思ったよ。

 

『なるほど… それであの時、右の道を選んだのか…』とも思った。笑

 

勇気を出すタイミングは自分がやっぱり1番よくわかっているね。

 

内なる自分、豊かで愛で大きな自分とたくさん繋がろう。

 

 

今日、洗濯物を干してたらフと思い出した曲があって、

曲を流しながら洗濯物を干したら感動して目がウルウルで干し終わったよ。笑

 

この曲はまさに、内なる自分からのメッセージだと思うんだ。

www.youtube.com