ひきこもり369

カウンセリングや薬を使わず、心のひきこもりから脱していくわたしの記録

正月早々母が泣く…!?

新年おめでとうございます。

 

2019年も

できるものから、小さく、コツコツ。ときをためて、ゆっくり。

一瞬一瞬を楽しんでいこうと思います。

 

ちなみに、

お守りみたいに響くこの良い言葉は【人生フルーツ】という映画で知りました。

頭より心で観る映画って感じでした。

ナレーションの樹木希林さんが遺してくださった

面白がって生きる という言葉も大好きです。

 

 

さて、今日は新年2日目。

2日目にして母と真っ向勝負しましたよ。(母はきっかけなだけです。笑)

なにをしたかと言えば勝ち負けのないただの話し合いなんですけどね。

内容が面白かったのでシェアしてみようと思います。

 

長くなるので要点だけを摘まむと、

 

『完璧な母親をやってきたつもりだったけれど、

 ユキコから色々言われ気づかされて完璧な母親じゃなかったことに傷つき、

 もう過去には戻れないと落胆し反省している母』

が、目の前で泣いているというシーンです。

 

新年入って初泣きでしょうね。きっと。(他人事)

 

これはしんどいですねー。

誰がしんどいかって…母が。笑

 

前のわたしだったらこう思ってます。

 

『お母さんへ言った言葉で傷つかせて泣かせてしまった…。

 わたしのこともわかってほしかったなんだけれど…。

 でも、お母さんを泣かせたわたしが全部悪い!最低な子だ!○ねばいいのに!』

 

わーお。

クッソ泥沼感MAX!!

 

でも残念。

2019年のわたしは違い、こうなりました。

 

「わたしさぁ、過去の体験がまるごと感謝になっちゃってるんだよねー。

 会ってきた全ての人たちがその時の全力でわたしと向き合ってくれて、

 気づきを得る”今のわたし”まで育ててくれてたことに気づいたから。

 誰が~何が~原因でこうなってしまった。とか一切思ってないんだよね。

 どんな状態の自分でもOKできるようにずっと訓練してきたし。

 

 そして、お母さんは傷ついたかもしれないけれど、

 それは完璧じゃない自分を許せないお母さん自身の問題だから。

 わたしは解決できないし、わたしのせいじゃないって今なら言えるよ。」

 

と、母へ軽やかに言いました。

うわー。憎ったらしい小娘ですねぇww   (*´д`*)イイゾーモットヤレ(

 

母自身、頭と心の整理できてない状態なのはわたしもわかってます。

が、せっかくなのでこんな質問もしてみる。(鬼

 

「何をもって完璧かって人それぞれで違うと思うけれどさ、

 なんでも100%完璧にできる人って、それ人じゃなくてロボットじゃん?」

 

「でもお母さんはそれが今でも理想だから。」

 

( ゚艸゚)・;'.、ぶっwww

たぶんロボットだとしても回線がショートしている。笑

 

でもまぁこれが、”今の母”なのです。

今の母が100%『こうあるべきだ』と命張って全力で生きている姿なのです。

だから、これでいいのです。

 

母が自身のことを許すタイミングがきたらもっと楽になるかもしれない。

けれど、わたしは母を変えられない。人は人を直接は変えられない。

もどかしいけれどね。

 

でも、わたし自身が『自分で変わる』体験をさせてもらったからこそ、

『相手の人生を信じる』ことができるようになったと思います。

 

被害者の位置に自分をもってきたほうが正直楽です。

誰かのせいにできて容易いし慣れ親しんだ思考を変化させずに済み安心できる。

でもその代償は、ずっと自分を貶め誰かを憎み比べながら生きなくてはいけない。

こんな辛いこと、他にないこともわかっているから母の気持ちもすごくわかる。

 

ただ、わたしと母の人生は別。

この話し合いをしたなかで気づいたことはただ1つ。

 

『わたしったら感情のコントロールうまくなってきてるじゃん!すげー。

 お母さん気づかせてくれてありがとうね!』

 

しかも直接言うすこやかさ。笑

 

母との話し合いはユキコ脳(自分の思考)との話し合い。

『前回はこういう反応だったね。さて、今回はどう?』

とのお題に向き合わせてもらう。

 

ただまぁ新年早々、泣く母親を見て自分自身を分析していくシュールさよ。笑

きっと親との関係で似たような気持ちになる人も多いと思うけれど、大丈夫!!

なにも問題は起きてない!

 

あ、問題あったわ。

集中して楽しく書いてたらコーヒー冷めた。( ´,_ゝ`)プッ

 

相も変わらずこんな調子のブログです。笑

今年もよろしくお願いします。ぺこり。