ひきこもり369

カウンセリングや薬を使わず、心のひきこもりから脱していくわたしの記録

愛から届く違和感

ちょっと気づいたことがあるので、頭の整理のために書くよーφ(・ω・ )

 

がんばらないと認められない。愛されない。

と思っている人は、結果とか自分の行動でカバーしようとするよね。

資格をとったり、我慢して行動してしまったり。

 

で、

今のわたしは、がんばらなくてもいいんだー。嫌われても大丈夫ー。

と、思っている状態のほうが多くなってきた。

 

そして、

『怖いことをやってみよう』

と思ってやってみたりもしている。

 

ここでちょっとした気づきがあった。

 

ふと、

『現役大人のひきこもりが楽になるまでのストーリー☆を語る』

みたいな感じでトークショーでもやったら面白いんじゃないか?

と思ってイメージしてみたのだけれど、その最中になんか違和感があったのね。

 

最初は、

『ん?なんだろう?別にやりたいことをイメージしているだけだよね?』

と思っていた。

 

そしたらさ、

違和感の原因がわかったよ。

 

ねえねえ?

怖いことをやっている勇猛果敢な自分の結果で、

今の自分を認めようとしていない?

 

って。

 

これ、

がんばらないと今の自分を認められない状態の時と、

やっていること一緒じゃん。

 

だから違和感があったんだね。

 

やると楽しそうだな~。面白そうだな~。と思ったのは事実だけれど、

結果のほうに重きを置いてイメージしていた。

 

しかも、

露骨な周りの人からの期待や賞賛じゃなくて、

『なにか大きな怖いことにチャレンジした自分だからこそ、

 自分が自分を認めてやろう』

という、ばっちり外側の視点を使っているのに、

から回っている自分に気づいていないっていうコント状態になってた!

 

怖さを使った『大丈夫』の証拠集めに入っていきそうになってたんだよねー。

 

そのままで大丈夫なのに。

それが腑に落ちた時に、勝手に大丈夫だからやり始めるのに。笑

 

本当のわたしは、『存在だけで価値を感じたい』のだけれど、

やっぱり今までの癖で、

『なにか出来ている自分』の土台のほうが安定しているように見えるのよね。

 

それってつまり、

生きていてOKの判断が『できてる?できてない?』って外向きのままで。

 

何もしていない自分、素の自分、真っ裸の自分、をそのままでOKする。

という軸から外れている状態なんだよね。

 

わー:(;゙゚'ω゚'):

危なかった!違和感でてきてくれてよかった~!笑

 

本当にやりたくなったことに勇気を出せばいい。わけで。

 

結果を出したいから勇気を出す。だと本末転倒なのね。

 

この、出だしは『自分らしい』感じであってもさ、

そこに込めているエネルギーの微々たる違いに気づくって大事だ。

 

自分で気づいてびっくりした。

『この状態にきても、怖さとか不安を使って自分を認めようとしてるー!!』

とね。これはまだまだ出てきますな。(。・`ω・)+笑

 

めっちゃわたし面白いわー。

1人コントばんざい。

 

ちなみに気づかずこのまま進んだら、

見た目で勇気出してない人たちに『勇気だせや!』って絶対言ってたな。笑

 

いや、

そのままだから大丈夫なんだわ(ノω`*)

ちょー勘違いだったよー。

 

というね、

初心忘るべからずっていう結論になった~。

 

勇気を出すタイミングは、

自分が1番よくわかっているから、自分をとことん信じましょう。

と、自分に優しく言い聞かせる。そんな今日でしたー。