ひきこもり369

カウンセリングや薬を使わず、心のひきこもりから脱していくわたしの記録

循環のかたち

鍋でお湯を沸かすとき、

鍋の底をぼぉ~~~~~っと見ている時がある。

 

だんだんと鍋の中が温まってきて、

小さな気泡がふつふつふつふつ…ぽこぽこぽこぽこ。

 

新しい気泡が鍋底から浮かんでは消え、消えては浮かび。

とめどなく。とめどなく。

 

それを見ていたら、気泡がなんだか命に見えてきた。

 

水面で気泡が弾けた途端、そこにあったと認識していた気泡はなくなる。

けれど、その気泡を形作っていた成分もすべて消えたか?

いや、当たり前だが答えはNOで空気中にとけただけ。

 

意識が命を全うした時もきっと同じ。

 

命が尽きた途端、そこに居たと認識していた人がいなくなる。

けれど、その命を形作っていた意識もすべて消えたか?

当たり前とは言い切れないが、わたしの答えはNOだ。

じゃぁ何にとけたのか?

 

すべてのなかにとけた。

 

そして、すべてのなかに存在しつつ、

フィールドに合った循環のかたちでまた遊んでいたりする。

 

そう思っているうちに気泡は大きくなってお湯が沸いた。

 

鍋の底を見ながら底のないお話。

すべてが繋がって今日も平和です。