~ゆるふ らいふ~

緩んで許して心のひきこもりから解放されていくわたしの記録

ただ、そうである。

未熟といえば不足に溺れそうだが、

途中といえば先の希望を照らし出す。

 

わからないといえば無知だと恥じそうだが、

無知の知だと氣づけば可能性の渦になる。

 

完璧であるのと同時に、未熟を認める。

 

未熟を認めることで、その瞬間の完璧と出会う。

 

ただ、淡々と変化を受け入れる。

ただ、淡々と今の自分を受け入れる。

 

この瞬間、

 

ただ、そうである。

 

そうであることの連続性と不安定さに、変化し続けられる自分を観る。

観ているだけのこの瞬間にも、全てが完結をしながら変化を続けている。

 

ただ、そうである。

 

だけなのに、なかなか未熟を認められない自分。

 

そこからまた、全てが動き出す。

 

f:id:funfunhappiness:20200812235134j:plain